DCアイバック・WT1療法

【DCアイバック とは】

 5種複合免疫療法をもとに開発された新樹状細胞獲得免疫ワクチン(DC-Adaptive Immunity Vaccine) 療法 の略称で、DC-AIVac(DCアイバック)療法と呼んでいます。現在、DCアイバック・WT1療法とDCアイバック・CSC療法の2種類の療法に分けています。


【自然免疫と獲得免疫について】

 私たちの体を外敵から守る免疫機能は、どのような外敵(抗原)にも対応し相手を攻撃する自然免疫と、相手を特定して攻撃する獲得免疫があります。

  • ・自然免疫を司る細胞には、NKT細胞、NK細胞、樹状細胞、マクロファージがあります。
  • ・獲得免疫には、キラーT細胞、一部のNKT細胞、抗体を産生するB細胞が関与しています。

【従来の免疫療法と問題点】

 免疫療法は、1980年代に自然免疫によるLAK療法にはじまり、現在では、NK細胞療法などの自然免疫療法、がん抗原のたんばく質の断片を構成するペプチドを標的としたペプチド療法、樹状細胞にがんペプチドを認識させて体内に戻す樹状細胞ワクチン療法など、獲得免疫を利用した治療が行われています。しかし近年、いくつかの問題点があることがわかってきました。

  1. 樹状細胞を治療目的で体外において十分に増やすことが困難なこと。
  2. がん細胞が獲得免疫を免れることができるということ。 
  3. 末梢血中の樹状細胞は未熟な細胞で、「がんペプチド抗原」をT細胞に伝達していないということ。

【新しい免疫療法=新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法】

  我々は、このような問題点を解決するため、自然免疫を司るNKT細胞が活性化した後に、樹状細胞が成熟することに着目しました。 現在実施している5種複合免疫療法をさらに改良し、成熟した樹状細胞にがん抗原を取り込み、5種類の細胞間の相互作用を高めることにより、標的となるがん細胞を特異的に攻撃する新しい免疫治療法を開発しました(新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法)。この治療法は、自然免疫と獲得免疫を同時に活性化する方法で治療効果の向上が期待されます。


【使用するペプチド抗原『全配列型WT1ペプチド』】

 一般的に樹状細胞ワクチン療法に用いられるがん抗原として、自己がん組織が利用されます。しかし、すでに手術を終えていたり、手術ができなかったりして自己がん組織を確保できないことが多々あります。この場合、がんの人工ペプチド抗原を用いることによって治療が可能になります。当クリニックでは、WT1の全配列をカバーする『全配列型WT1ペプチド』(HLA型は問わない)を用いてがんの治療を行います。すなわち、この全配列型WT1ペプチドはHLA検査が不要で、すべての患者様に適応できます。このペプチドは、がん抗原に特異的なキラーT細胞や免疫反応を促進するヘルパーT細胞も活性化します。また、このペプチドは様々ながん細胞で発現しており、がん抗原として高い評価を受けていることから、がんの免疫療法には理想的な標的と考えられています(米国国立衛生研究所:NIH)。

WT1はほとんどのがん細胞で高発現している


【当クリニックの新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法と他施設の樹状細胞ワクチン療法との違い】

 従来の樹状細胞ワクチン療法に用いられていた樹状細胞は未成熟な細胞で、がんペプチド抗原を十分認識できませんでした。

 当治療法では、樹状細胞がNKT細胞の作用によって完全に成熟した細胞として、がんペプチド抗原を十分認識できるということです。当治療法は、細胞を培養している間にがん抗原ペプチドを認識した樹状細胞が他の免疫細胞にがん抗原情報を伝達し、細胞の相互作用によってより効果的にそれぞれの細胞を活性化します。このようにがん抗原の情報を所有したそれぞれの免疫細胞を患者様の体内に戻すことにより、より効果的にがん細胞を攻撃させることができます。

 当療法は樹状細胞だけを使うのではなく、5種複合免疫療法が基本となっています。すなわち樹状細胞にがん抗原を認識させて、その情報を他の4つの免疫細胞に伝達させ、覚えさせることにより5つの細胞間の強力な相互作用を誘導し、がん細胞を多方面から特異的に攻撃する治療法です。


【WT1ペプチドの位置づけ】

  WT1ペプチドは、小児の腎臓がんであるウィルムス腫瘍(Wilms' tumor)の原因遺伝子として発見され、2009年に米国立衛生研究所(NIH)の研究グループによって75種類のがん抗原、がん関連抗原の中で臨床上有用性のあるがん抗原と位置づけされています。


【主な適応・対象がん】

 この治療はHLA型の拘束性がないため、HLA検査は不要です。すべての患者様に適応でき、どのようながんにも適応できます。なお、この全配列型WT1ペプチドは一部T細胞型、NK細胞型、NKT細胞型を除いた急性リンパ球性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、骨髄異型性症候群、骨肉腫、軟部肉腫、小児の神経芽腫にも有効です。


【治療方法】

 5種複合免疫療法に準じます。 採血量、治療スケジュール、投与方法などは5種複合免疫療法と同じです。


【費用】

初期培養費:

16,200 円

(1クールごと初回のみ)

1回投与分:

302,400 円

(消費税込)

6回投与(1クール):

1,814,400 円

(消費税込)

        ※1投与(302,400 円)ごとのお支払いです。
        ※費用は消費税8%で計算しております。 その他、初診料や検査費などがかかります。  

【全配列型WT1ペプチドを用いてがん細胞を攻撃するメカニズム】